ローカルキャリアシティ

長野県塩尻市

伝統のまちと技術に、あたらしい風を吹かせる

おいしい野菜にきれいな水、それらを育む豊かな自然。でも、塩尻市の一番の魅力はなに?と聞かれたら、 そこに暮らす人たちだと答えます。 でも、なぜ?と聞かれたら、 塩尻市には、鋤で田畑の土を返すようにこつこつと、 このまちの人の暮らしや社会を豊かにしたいと活動する、 未来を耕す人に溢れているからだと答えます。

このまちは、想いを持って行動する人、たとえそれが外から来た人であっても、 皆が快く応援してくれます。 それはきっと、塩尻市が江戸の宿場町であった時代から 人と人との風通しがよく、外のものを柔軟に受け入れる文化として、 田畑の土のように、今もしっかりと受け継がれているのだと思います。 そんな塩尻のまちで未来を耕す人たちのことを 「塩尻耕人(しおじりこうじん)」と呼び、 塩尻と社会の未来を一緒に耕していけたらと考えています。

塩尻市は、日本有数の漆器の産地でもあります。しかしながら生活様式の変化によって斜陽化し、納品先の廃業によって、多くの漆器店は窮地に立たされています。時代が変化しても旧来同じものを作り続け、その結果徐々に人々に受け入れられなくなり、遂には廃業した漆器店も多くあります。

そんな中で「漆の可能性をもっと広げたい」また「ものづくりに関わる人たちが集まる場所にしていきたい」と目を輝かせ、笑顔で答える漆職人もいます。漆職人として新しいことに挑戦する日々。その裏側には、まちを愛する気持ちと同時に、未来を変えていかなければならないという強い気持ちが溢れています。

長野県塩尻市

塩尻市は、松本盆地の南端、長野県のほぼ中央に位置し、太平洋側と日本海側の交通が交差する交通の要衝です。北アルプス、鉢盛連峰、東山・高ボッチ山、さらには中央アルプスの山並みを背景に田園風景が広がっています。 特産のぶどうが生み出すワインは世界にその名を知られ、奈良井宿の町並みや木曽漆器が歴史と伝統を感じさせ、おもてなしの心を今日に伝えています。基幹産業の製造業は、市内に、最先端の技術、人材、拠点施設等が集積し、高い製造品出荷額を誇るなど、市内産業を牽引しており"ものづくり"のまちでもあります。

ローカルキャリアシティ:各地域

CareerForのイベントや各地域の最新情報は、Facebookで発信しています!ぜひフォローしてくださいね。

FACEBOOK